情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
論文
知識の構造化俯瞰表現に関する研究
大槻 明岡田 謙一
著者情報
ジャーナル フリー

21 巻 (2011) 3 号 p. 350-361

詳細
PDFをダウンロード (1290K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では,筆者らが提案している知識を構造的に俯瞰表現する「構造化俯瞰図」をさらに発展し,同図を構成する各知識に属性情報や叙述を付与し,それら属性情報等を含めた知識同士の関係性を意味付けしたうえで俯瞰マップを作成するCosut(Concept Support Tool)について提案する.Cosutを使用することにより,当該知識群のさらなる整理や分析を実現することが可能となる.つまり,企業における新商品開発や課題解決時,さらには研究機関における新理論の検討時など,様々な場面における知識の有効活用に資することができるものと考える.評価実験では,構造化俯瞰図を使用した場合に比べた定量的分析及び概念構造の変化を分析した.その結果,仮説をまとめるためのアイディアの量的な増加傾向が確認され,さらには,Cosutが被験者の概念構造に直接影響を与えた部分を把握することが可能になるなどの発想支援的な効果が認められた.

著者関連情報
© 2011 情報知識学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top