J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 24 (2014) No. 2 p. 118-124

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik_2014_007


 本稿では,Web2.0で提案された集合知の概念を学術分野に拡張し,専門知・学術知を提案する.集合知ではインターネット上で一般市民からの情報を収集することで新しい情報を構築するのに対 し,専門知では異なる学術研究情報を融合し,一般社会に向けて情報を発信する.専門知においては,どのような情報をどのように集約し,提示するかが肝要となる.本研究では収集した科学データを融合して表示するための科学データ融合表示ツールを開発した.

Copyright © 2014 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有