J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 25 (2015) No. 2 p. 172-179

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik_2015_013

特集 第23回(2015年度) 年次大会(研究報告会&総会)

 現在,うろ覚えのマンガを探す手段には,図書館でのレファレンス質問や質問応答サイト(2ch,Yahoo!知恵袋等)を使う方法がある.そこで,本研究では,それらの質問応答サイトにおける,うろ覚えマンガの質問を調査した.分析には2ちゃんねるおよびYahoo!知恵袋から計300件の質問を抽出し,使用した.分析にあたっては11カテゴリを定義し,各質問にカテゴリ付与を行った.さらに,その質問に対して解答を提供するための情報源となる10の書籍,Webサイトについて11カテゴリに対応する情報源の有無を判断した.調査の結果,検索支援の需要が高いカテゴリとして,マンガのジャンルと登場人物の行動,特徴についての記述の3つが導き出された.

Copyright © 2015 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有