情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
特集 第22回情報知識学フォーラム
地域の博物資料情報のオープン化に向けた現実と課題
堀井 洋
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 27 巻 4 号 p. 305-308

詳細
抄録

 地域に現存する博物資料に関する情報のオープン化は,大学・自体における情報公開の流れの中で 急速に進んでいる.今後,インバウンド観光の推進や地域学習の普及などによって,さらにこの動きは発展することが予想されるが,古文書や標本・考古遺物など多様な地域の資料をオープン化するためには,資料の存在肯定から整理・保管・デジタル化までを一体的に考える必要がある.本発表では,事例を通して現状や課題を整理・考察する.

著者関連情報
© 2017 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top