情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
特集 第22回情報知識学フォーラム
DOI を用いた天文学研究資料の横断的な整理・公開 -岡山天体物理観測所を一例として−
根本 しおみ高田 良宏堀井 洋堀井 美里飯野 孝浩林 正治
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 27 巻 4 号 p. 347-352

詳細
抄録

 天文学研究資料は機器や乾板,設計図等多岐にわたっており,我が国の天文学や自然科学の発展を記録した重要な資料である.また,これら資料群は国内の大学や研究機関に広く保管・収蔵されている.資料の種類や機関を横断した資料情報の整理の手法として,我々はデジタルオブジェクト識別子(DOI)を用いた「サブジェクトリポジトリ」の構築を目指している.その嚆矢として,国立天文台岡山天体物理観測所の資料群を対象にサブジェクトリポジトリの構築を試みた.天文学分野では,常に最新の科学技術が研究・観測に適用され,かつ観測プロジェクト単位で観測機器を独自に製作・運用する,いわゆる一品物の観測機器等が多いことから,観測データを再利用するには併せて観測機器やその図面,マニュアル等の関連資料についてもリポジトリ化・オープン化することが求められる.本稿では天文学研究資料の分類,サブジェクトリポジトリの構築,および,DOI による観測機器を中心とした資料間の関連付けの検討について報告する.

著者関連情報
© 2017 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top