JSL漢字学習研究会誌
論文
漢文訓読の多面的意義
小助川 貞次
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2015) p. 56-65

詳細
PDFをダウンロード (3465K) 発行機関連絡先
抄録

漢文訓読は通常,学校教育の中で中国古典文(漢文)を読解する「きまり」として学ばれ,一種のツールとして機能する。一方,漢文訓読を研究する立場からは,漢文文献を読解する加点現象として,漢字文化圏の諸地域・言語を対象として広く観察する。ユーザーとしての立場は異なるが,漢文訓読は東アジア世界・漢字文化圏全体の歴史的構造体をどう把握するのかという大きなテーマに繋がる。

著者関連情報
© 2015 著者
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top