昭和医学会雑誌
Online ISSN : 2185-0976
Print ISSN : 0037-4342
ISSN-L : 0037-4342
症例報告
根治切除後に3回の吻合部再発をきたし,根治切除し得た下行結腸癌の1例
大中 徹村上 雅彦渡辺 誠加藤 貴史青木 武士小澤 慶彰松井 伸朗藤森 聡榎並 延太
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 72 巻 6 号 p. 680-685

詳細
抄録

症例は82歳,女性.下血を主訴に当院を受診.下行結腸癌の診断で下行結腸部分切除術を施行した.吻合は自動縫合器を用いた機能的端々吻合(FEEA)で行った.病理診断では,Well(tub1>pap,muc),pT3(SE),N1,N0,M0,H0,P0,p-stageIIIaであった.初回手術後,2年間に3回の吻合部再発をきたし,その都度吻合部切除術を行った.吻合部切除後の再吻合はFEEAが行われた.吻合部再発は当教室では1.4%に認め,比較的まれな再発形式である.本例は初回根治手術後に3回の吻合部再発を認め,極めてまれな症例と考えられたため,若干の文献的考察を加えて報告する.

著者関連情報
© 2012 昭和大学学士会
前の記事 次の記事
feedback
Top