日本看護技術学会誌
Online ISSN : 2423-8511
Print ISSN : 1349-5429
研究報告
排便時における怒責圧が循環系に及ぼす影響
今井 美香平井 真理桑原 裕子岩瀬 敏西村 直記清水 祐樹菅屋 潤壹藤井 徹也
著者情報
キーワード: 排便, 体位, 怒責圧, 循環
ジャーナル フリー

2011 年 10 巻 1 号 p. 111-120

詳細
抄録

 目的 : 本研究では,仰臥位と座位で排便時の怒責圧の強さの差異が循環系に及ぼす影響を検討した.
 方法 : 健康な成人男女 21人 (平均年齢 32.7 ± 10.1歳) を対象に,室温 27℃,湿度 50%に設定した人工気候室で実験を行った.被験者は仰臥位および座位姿勢をとり,1回 15秒の怒責をかけた.怒責圧は10,20および 30mmHgとし,その時の血圧と心拍数を測定した.
 結果 : 仰臥位と座位ともに,怒責圧が高いほど血圧 ・ 心拍数の変化は大きかった.血圧や心拍数の変化は怒責中のみならず,怒責解除後も怒責圧が高いほど大きかった.また怒責圧 30mmHgの場合では,Ⅰ相から Ⅱ a期の収縮期血圧の変化量が座位 41.43 ±13.30,仰臥位 26.86 ± 19.59mmHg (p<0.001) と,座位のほうが大きかった.怒責圧10 ・ 20mmHgでも同様であった.また,Ⅰから Ⅱ a期,Ⅲから Ⅳ相の心拍数で座位のほうが有意に大きな変化量を示した (p<0.01)
 結論 : 排便時に強く怒責をかけるほど循環系へ与える影響は大きく,また同一怒責圧時における循環系の影響は座位のほうが大きいことが明らかになった.

著者関連情報
© 2011 日本看護技術学会
前の記事 次の記事
feedback
Top