栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
小麥胚芽の研究
岩田 久敬前澤 五郎中島 茂八郎
著者情報
ジャーナル フリー

1952 年 5 巻 3 号 p. 107-108

詳細
抄録

1. 小麥胚芽中の有効成分特にビタミンをもつて味噌を強化し, かつ米麹と大豆を節約するために小麥胚芽の煮たもの, 同じく生のものを添加し, 或はその他にジヤガイモを加えて, 9カ月の味噌を作り, 常法で作つたものと比較した。
2. 何れも一般成分, 非蛋白質窒素, アミノ窒素, アンモニア窒素, 澱粉デキストリン, 總酸, 揮發酸, 繊維等は常法味噌と大差はなかつた。糖分は胚芽を多量に加えたものに少く, ジヤガイモを加えたものに多かつた。
3. ビタミンB1の含量は常法味噌の約3倍で0.2-0.3mg%になつたが, 原料中のB1は著しく減つていた。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top