Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
症例報告
終末期の苦痛緩和にステロイドが著効したG-CSF(granulocyte colony-stimulating factor)産生十二指腸癌の1例
森 尚子松村 昌治雨宮 馨山上 あゆむ
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 1 号 p. 83-87

詳細
抄録

【緒言】G-CSF(granulocyte colony-stimulating factor)産生腫瘍は,高サイトカイン状態により,発熱・倦怠感・体液貯留など終末期に様々な苦痛を引き起こす場合がある.【症例】80歳,女性.食思不振,尿量低下を主訴に受診.精査の結果,十二指腸癌と診断された.高齢で全身状態不良のため抗がん治療は行わない方針となったが,多量の腹水貯留による腹部膨満が強く,大きな苦痛となっていた.末梢血スメアにて正常好中球の著増を認め,G-CSF産生十二指腸癌が疑われたことから,サイトカイン抑制目的でデキサメサゾンの投与を開始した.その結果,腎機能障害が改善し,利尿もつき,腹水除去後の再貯留も認めず,好中球数も減少に転じ,短い期間ではあったが患者は小康状態を得た.【結論】G-CSF産生腫瘍における高サイトカイン状態に対して,ステロイドが苦痛緩和に有用である可能性がある.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top