Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
がんサバイバーの就業状況,収入の変化に関する経験の実態とQOL・心の健康との関連
清水 佐智子宮下 光令藤澤 大介藤森 麻衣子高橋 都
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 3 号 p. 209-218

詳細
抄録

がんサバイバーの就業状況の変化に関する経験の実態とQOL・心の健康との関連を明らかにした.60歳未満男性91名,女性269名のデータを2012年12月にネット調査で得た.罹患後の就業変化は,就業時間が減った男性22%,女性8%で,仕事を辞めた男性11%,女性21%と,男女間で有意差があった(P=0.000, P=0.031).就業変化の関連要因は,男性は未婚(P=0.002),PSが1以上(P=0.008),疼痛治療中(P=0.039),女性はPSが1以上(P=0.001),診断からの経過年数が長い(P=0.045)だった.就業変化とQOLの関連は,変化があった男性で身体・社会的QOL,同女性ですべてのQOLが低かった.心の健康との関連では,変化があった男女は,抑うつ不安ではないが有意に得点が高かった.変化があった男性は,抑うつ不安状態の人が多かった.今後,就業に焦点を絞った調査が必要である.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
次の記事
feedback
Top