Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
療養病棟スタッフの緩和ケアに対する意識:東京都内の緩和ケア病棟を併設していない療養病棟における調査
村上 真基大石 恵子綿貫 成明飯野 京子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 3 号 p. 219-227

詳細
抄録

【目的】療養病棟スタッフへの意識調査を通して,療養病棟緩和ケアの課題について調査した.【方法】介護職等を含むスタッフを対象に無記名自記式質問紙調査を行い,WHO緩和ケア定義の認知度,療養病棟緩和ケアの必要性と実現性,課題等について数字評価スケール(0:まったくそう思わない〜10:非常にそう思う)で尋ねた.【結果】30施設541名(医療職387名,その他154名)から回答を得た.緩和ケア定義を「知っている」は医療職56%,他職種45%,がん緩和ケアの必要性がある8.5±2.1(平均値),実現性がある6.8±2.5,非がん緩和ケアの必要性がある8.4±2.0,実現性がある7.0±2.2であった.がん・非がんともに,苦痛緩和・家族ケアは重要である,人員不足である,時間のゆとりがない等が8点以上であった.【結論】緩和ケアの必要性や重要性を高く認めつつも,多くの課題と困難感の存在が明らかとなった.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top