Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
医療で一般に使用される言語に対する医療者と患者家族の意識調査
西村 一宣栗山 陽子行徳 五月寺戸 沙織
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 3 号 p. 281-286

詳細
抄録

【目的】医療で一般に用いられる言葉,「年・月・週単位」と「季節や時期を示す言葉」について医療者と患者家族の認識を調査した.【方法】医療者と患者家族に対し質問紙調査を行った.【結果】年単位を5年以内とした医療者は100%,患者家族は67.1%だった.月単位を3〜6カ月とした医療者は39.3%,6カ月以内は100%,患者家族は3〜6カ月10.1%,6カ月以内は68.3%だった.週単位を4週以内とした医療者は89.3%,8週以内は100%,患者家族は69.6%と77.2%だった.年・月・週単位を「わからない」とした患者家族が約1/5いた.桜の頃を3月下旬〜4月上旬とした医療者は71.4%,患者家族は58.9%だった.紅葉の季節,暖かくなる頃,寒くなる頃はばらつきがあり,梅雨の時期は6月が多かった.【結論】一般的に使用される平素な言葉でも,医療者と患者やその家族で認識が異なる場合がある.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top