Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
緩和ケアを専門としようとしている若手医師の研修,自己研鑽に対するニーズには何が影響するか
野里 洵子宮本 信吾森 雅紀松本 禎久西 智弘木澤 義之森田 達也
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 3 号 p. 297-303

詳細
抄録

【目的】緩和ケアの研修・自己研鑽に関するニーズに影響する要因を探索すること.【方法】緩和ケア医を志す卒後15年以内の医師を対象に質問紙調査を行い,満たされないニーズ(以下ニーズ)を5件法で評価した.ニーズは因子分析を行い,各因子の平均点を従属変数,背景要因を独立変数として単変量解析を行った.【結果】対象者284名に対して回答者は253名(89%),初期研修医・緩和ケア専門医などを除く229名を解析対象とした.ニーズは,研究・時間・キャリア・ネットワーク・質・幅広さの6つの因子が同定された.ニーズの因子得点に効果量≥0.4の有意差があった背景要因は,1)認定研修施設に勤務していない,2)勤務先・研修先が大病院ではない,3)施設内緩和ケア医数が2名以下であった.【考察】認定研修施設ではない病院,または小規模,または緩和ケア医の少ない環境で働く若手医師が受ける研修体制の改善は優先度が高い課題と考えられる.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top