Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
頭頸部癌同時化学放射線療法による口腔咽頭粘膜炎に対する強オピオイド鎮痛薬の漸減期間に関する後方視的研究
津野 丈彦徳丸 隼平小島 昌徳木谷 洋輔橋本 真也
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 4 号 p. 305-311

詳細
抄録

頭頸部同時化学放射線療法が引き起こす重篤な口腔咽頭粘膜炎に対する強オピオイド鎮痛薬は疼痛が改善したら速やかに終了すべきであるが,使用期間は患者個々で異なる.そこで,本研究では適正使用の観点から,頭頸部癌患者46例を対象に検討を行った.その結果,治療後の強オピオイド鎮痛薬の漸減期間中央値は30日であった.患者背景と強オピオイド鎮痛薬投与期間の関連を調べたところ,施行した化学療法によって有意差がみられ(TPF vs. S-1 vs. Cmab, 35.0 vs. 44.1 vs. 180.7, p≤0.001),セツキシマブ使用が強オピオイド鎮痛薬投与期間長期化の要因となることが示唆された.漸減の経過において身体依存やせん妄等の症状はみられなかった.患者背景把握や化学療法選択の段階から,強オピオイド鎮痛薬の使用が長期化する可能性について評価し,治療終了後の疼痛状況に応じて減量や中止を検討することが重要である.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
次の記事
feedback
Top