Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
原著
End-of-Life Careの実践を支援するリフレクションプログラムの開発
飯岡 由紀子中山 祐紀子渡邉 直美田代 真理榎本 英子髙山 裕子廣田 千穂秋山 正子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2019 年 14 巻 2 号 p. 89-95

詳細
抄録

本研究の目的は,看護師を対象にEnd-of-Life Careの実践を支援するリフレクションプログラムを開発し,その効果と実現可能性を検討することである.ファシリテーター主導リフレクションプログラム(FRP)と,カードを用いたリフレクションプログラム(CRP)を開発した.緩和ケアに関する知識・態度・困難感尺度と自己教育力尺度の平均得点をプログラム前・直後・3カ月後で測定し,得点の変化をFRPとCRPで比較した.倫理審査委員会の承認を得て行った.FRPは9名,CRPは15名のデータを分析した.FRPはCRPと比較して緩和ケアに関する困難感が有意に低下し,知識が有意に上昇した.また,FRPの群内においても同様の結果が得られた.FRPもCRPもプログラム評価は高く実現可能性は高いと考えられた.今後は,アウトカム指標の検討,サンプル数を増加し,効果をより明確にする必要がある.

著者関連情報
© 2019日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top