Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
症例報告
高濃度ヒドロモルフォン塩酸塩持続皮下注で認められた皮下硬結が希釈濃度を下げることで改善した1例
中村 明澄堤 円香安藤 仁子高柳 論也地曵 典恵
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2020 年 15 巻 4 号 p. 339-343

詳細
抄録

ヒドロモルフォン塩酸塩1%注射液(高濃度ヒドロモルフォン注)の持続皮下注により皮下硬結を生じたが,希釈濃度を下げることで改善した1例を報告する.患者は60歳女性,膵がんによる背部痛に対して高濃度ヒドロモルフォン注の持続皮下注を行い,ヒドロモルフォン濃度を0.17%から0.83%に上げた際に発赤・皮下硬結が出現した.留置針の刺し替えを行うも改善せず,ヒドロモルフォン濃度を0.28%まで下げたところで皮下硬結が消失した.第61病日より嘔気に対してハロペリドールを混注し,第70病日より身の置きどころのなさの出現により,ミダゾラムをさらに混注で追加したが,ヒドロモルフォン濃度を0.28%以下に保つことで,第79病日に亡くなるまで皮下硬結を認めず,症状緩和も可能であった.高濃度ヒドロモルフォン注の持続皮下注の皮膚局所反応に,ヒドロモルフォンの濃度が関係している可能性が推測された.

著者関連情報
© 2020日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top