Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
看取りのケアにおけるLiverpool Care Pathway日本語版の意義と導入可能性─緩和ケア病棟2施設におけるパイロットスタディ
市原 香織宮下 光令福田 かおり茅根 義和清原 恵美森田 達也田村 恵子葉山 有香大石 ふみ子
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 7 巻 1 号 p. 149-162

詳細
抄録

【目的】Liverpool Care Pathway (LCP)は, 看取りのクリニカルパスである. LCP日本語版のパイロットスタディを実施し, LCPを看取りのケアに用いる意義と導入可能性を検討する. 【方法】緩和ケア病棟入院患者を対象にLCPを使用し, ケアの目標達成状況を評価した. 対象施設の看護師に, LCPの有用性に関する質問紙調査を行った. 【結果】LCPに示されたケアの目標は, 80%以上の患者・家族において達成されていた. 対象看護師の65%以上が, 看取りの時期の確認, ケアの見直し, 継続的で一貫したケアの促進, 看護師の教育においてLCPを有用だと評価した. 【結論】LCPは緩和ケア病棟での看取りのケアと合致し, 看取りのケアの指標を示したクリニカルパスとして導入可能であることが示された. 看護師の評価では, LCPが看取りのケアの充実や教育における意義をもつことが示唆された.

著者関連情報
© 2012 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top