Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
活動報告
医療者・介護者・福祉者のためのケア・カフェ─Blending Communities
堀籠 淳之阿部 泰之
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 9 巻 1 号 p. 901-905

詳細
抄録

【目的】地域包括ケアシステムに対応すべく, 顔の見える多職種連携を目指した取り組みが全国各地で活発化しているが, 職種の偏在や開催方法, 運営資金, 継続性などの抱えている問題は少なくない. これらの問題を克服する方法を開発する. 【方法】ケア・カフェは, 哲学や社会学などの理論をベースにワールド・カフェの方法論を応用したものである. 地域でケアに関わる人々が顔の見える連携と, 日頃の困りごとを相談する場としてケア・カフェが定期的に開催されている. 【結果】旭川市で毎月開催され, これまで9回の開催で延べ約700名を動員した. また, すでに日本全国16カ所にもこの方法が広がり, 延べ29回開催され, 実際の多職種連携や問題解決につながった事例などが報告されている. 【結論】ケア・カフェは, 旭川発の取り組みで, 顔の見える多職種連携を育むために有用な手法となりつつある. すでに全国に広がっており, さらなる顔の見える連携創造が期待される.

著者関連情報
© 2014 日本緩和医療学会
前の記事
feedback
Top