写真測量とリモートセンシング
Online ISSN : 1883-9061
Print ISSN : 0285-5844
ISSN-L : 0285-5844
テーブルルックアップ式最尤法
福江 潔也下田 陽久坂田 俊文
著者情報
ジャーナル フリー

1981 年 20 巻 2 号 p. 14-22

詳細
抄録

テーブルルックアップ式最尤法と呼ぶ新しい分類方法を考案した。この分類方法は, 最尤法と同じ分類精度を保ちながらテーブルルックアップ法に近い分類速度を達成することができる。多次元特徴空間において, カテゴリーの重心位置から等マハラノビスの距離で定義される各カテゴリーを示す超楕円体は, 互いに重複して存在する。この分類方法では, この重複状態の各特徴軸への正射影を参照テーブルとする。従来のテーブルルックアップアルゴリズムと比べ, このアルゴリズムはより簡潔である。また参照テーブルが必要とする記憶容量は極めて少ない。
この分類方法の処理速度を実際に把握するために, LANDSAT MSS画像と高々度赤外カラー写真を対象として, それぞれ24種類, 60種類の土地被覆分類を行なった。その結果, 分類速度は最尤法と比べそれぞれ4倍, 7倍であった。

著者関連情報
© 社団法人 日本写真測量学会
前の記事 次の記事
feedback
Top