日本惑星科学会秋季講演会予稿集
日本惑星科学会2007年秋季講演会予稿集
セッションID: 104
会議情報

オーラルセッション 1 流星・彗星など
9月25日(火) 9:00-10:28
オリオン座流星群の2006年突発出現の起源
*佐藤 幹哉渡部 潤一
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
PDFをダウンロード (684K) 発行機関連絡先
抄録

2006年、オリオン座流星群の突発出現が観測された。この出現はZHRで50を超え、また極大がおよそ4日間に渡った。母天体である1P/Halley(ハレー彗星)からのダスト・トレイルを計算したところ、-1265年、-1197年、-910年のトレイルが起因していることが判明した。また、これらのダストは、木星と6:1の平均運動共鳴にあることがわかった。

著者関連情報
© 2007 日本惑星科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top