社会学評論
Online ISSN : 1884-2755
Print ISSN : 0021-5414
ISSN-L : 0021-5414
投稿論文
リベラルな多文化主義における文化とアイデンティティ
再帰性, エージェンシー・モデル, 自律性
安達 智史
著者情報
キーワード: 多文化主義, 再帰性, 自律性
ジャーナル フリー

2012 年 63 巻 2 号 p. 274-289

詳細
抄録

本稿は, 多文化主義をめぐる論争の1つの論点であるアイデンティティと文化の関係について, 「再帰性」という概念に着目して考察するものである. 多文化主義は, 多元化した社会における統合のための1つの政治的な指導原理である. だが, 今日, 多文化主義の社会的役割に対して, ――とりわけリベラリズムから――疑問や批判が投げかけられている. そこで焦点となっているのが, 文化とアイデンティティについての考え方である. 具体的には, 本質主義的な文化理解 (認識論) ,文化とアイデンティティとの関係のあり方 (正統性) ,そして文化の承認による個人の自律性の危機 (政治的帰結) に対する批判が存在している. 本稿は, これらの課題に応答するために, C. テイラーのアイデンティティ論を批判的に読み解くとともに, A. ギデンズの再帰的近代化論, S. アダチのアイデンティティ・マネジメント論, A. フィリップスの「文化」論, そしてP. リヒターマンのトーク論を参照に, アイデンティティと文化の再帰的な関係を描写する. それにより, 集団的文化と個人のアイデンティティとの関係は, 「発見」でも, 「選択」でもない, 「エージェンシー」を媒介にしてとらえる必要性があることを示す. その結果, 個人の「自律性」への配慮が, リベラルな社会において擁護可能な多文化主義の1つの条件となると主張する.

著者関連情報
© 2012 日本社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top