日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会
セッションID: PA-11
会議情報

交流促進のためのミラーボール型リフレクション
*名古屋 友紀三澤 直加和田 あずみ小野 奈津美
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

社会課題が複雑化する現代の社会において、専門家の知識と技術的合理性だけで課題を解決するには限界があると言われている。状況を的確に捉え、漸進する方法として「行為の中のリフレクション」に注目が集まっている。

本研究では、このリフレクションを生み出すインタラクティブなポスティングシステムを例に、不特定多数の人に影響が起こるミラーボール型リフレクションについて考察した。

情報が乱反射する一つの物体を軸として、他者のリフレクションを見ることができるミラーボール型リフレクションは、第三者にも拡散的に影響を及ぼし、相互の省察をより拡大しやすくするものである。
また、システムの存在の認知、アクセスの容易性、交流のきっかけ、動線に合わせた調整、以上4つの条件下でインタラクティブなポスティングシステムを利用することにより、ミラーボール型リフレクションが起こせることがわかった。

著者関連情報
© 2019 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top