日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会
セッションID: B2-01
会議情報

AIを搭載したスマートモビリティによる福祉サービスデザイン
*東 大輔服部 雄紀田中 基大Lee Richard金子 寛典
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

自動車をはじめとするあらゆる産業では「モノ」づくりから「コト」づくりにシフトしつつあるが、デザインの領域でも「モノ」のデザインだけでなく、「コト」のデザイン、すなわち「サービスデザイン」が注目されつつある。本研究では、本学が自治体や関連企業・団体と深く連携して社会実装を進めているAI搭載対話型自動運転スマートモビリティ「パートナーモビリティ」を用い、全ての人がその能力を発揮して笑顔でいきいきと暮らせる社会を実現するための、新たな福祉サービスデザインの先行研究を行う。

著者関連情報
© 2019 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top