デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
地域資源活用に基づく「ベトナム伝統工芸村」設立計画 : 内発的発展論を基底とした地域連携に関する基礎的研究(1)
植田 憲朴 燦一宮崎 清
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 48 巻 3 号 p. 77-86

詳細
抄録

本稿では、北ベトナム・ニンビン省において進められている「ベトナム伝統工芸村」設立計画を取りあげた。フィールド調査、資料解析に基づき、内発的発展論の観点から当該工芸村の設立に向けた指針を抽出した。北ベトナムにおける伝統的工芸の現状と課題を解析した結果、以下の指針が得られた。(1)北ベトナムにおいて振興が期待される12の伝統的工芸品目のうち、ニンビン省の工芸村においては、省内で継承されている4品目の振興を図る。(2)工芸村は、伝統的工芸技術の伝承・発掘・創新の拠点であるとともに、伝統的工芸を核とした地域間および異業種間の連携・交流の拠点としての機能を担う。(3)工芸村の設立・運営においてはエコロジカルな理念を堅持し、かつ、各種地域資源の全体活用を実践する。伝統的工芸品が村を単位として生産されているベトナムにおいては、4品目を一ヶ所に集めて展開される工芸村は、国内における地域連携のモデルでもある。また、その工芸村は、広くアジア諸地域とも連携し、その運営・展開が図られる必要がある。

著者関連情報
© 2001 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top