日本科学教育学会年会論文集
Online ISSN : 2433-2925
Print ISSN : 2186-3628
ISSN-L : 0913-4476
42
会議情報

英語を介した(EMI)理工系の講義に関わる諸要因
*東條 加寿子国吉 ニルソン野口 ジュディー
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 343-346

詳細
抄録

グローバル化する大学において、英語を介して講義を行う取り組みが増えている。理工系の講義 を英語で行うことにはどのような要因が関わっているのだろうか。本研究では、英語・日本語の講 義コーパスOnCAL(Online Corpus of Academic Lectures; http://www.oncal.sci.waseda.ac.jp/) の構築目的と構築過程、および、これらのコーパスを活用して行った講義ディスコースの日英比 較分析によって得られた知見を紹介し、英語非母語話者教員が英語で理工系の講義を行う際 の留意点を明らかにする。また、それらに基づいて、英語で講義を効果的に行うための提案を行う。

著者関連情報
© 2019 日本科学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top