日本科学教育学会年会論文集
Online ISSN : 2433-2925
Print ISSN : 2186-3628
ISSN-L : 0913-4476
セッションID: 1
会議情報

論文集
中学校理科「飽和水蒸気量と湿度」の学習で用いるモデル教材の評価
*松本 隆行山田 貴之
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

中学校2学年理科「飽和水蒸気量と湿度」において,曲線グラフと棒グラフの両方が組み合わさったモデル教材を使用した授業を行った.その結果,処遇群の平均得点が事後調査から遅延調査にかけて有意に上昇した.また,処遇群・対照群と事後調査・遅延調査の交互作用が有意となった.これは,モデル教材の使用が複合グラフの読解能力の定着に有効であったことを示唆するものであった.また,同様の読解能力を測定するために併せて実施した溶解度曲線の調査問題において,処遇群,対照群ともに,事前調査よりも事後調査,遅延調査の平均得点が高かった.このことは,飽和水蒸気量と湿度の学習が,既習事項の溶解度曲線の読解の向上にも有効であったことを示唆するものであった.

著者関連情報
© 2020 日本科学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top