コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
情報伝播特性の定量化手法
風間 一洋今田 美幸柏木 啓一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 28 巻 1 号 p. 1_162-1_172

詳細
抄録

本論文では,情報伝播ネットワーク中のある情報源から到達可能な部分ネットワークが持つ3種類の情報伝播特性を定量化する手法を提案する.この部分ネットワークは無閉路有向グラフであり,情報拡散,情報集約,情報転送という基本現象に関連した3種類の有向2エッジ連結部分グラフで構成されることから,部分ネットワーク中の各有向2エッジ連結部分グラフの数を用いて,情報拡散度,情報集約度,情報転送度を定義する.さらに現実のブログ空間から抽出した情報伝播ネットワークの情報伝播特性の特性や時系列変化を分析する.

著者関連情報
© 日本ソフトウェア科学会 2011
前の記事 次の記事
feedback
Top