コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
論理的制約条件付き0-1計画モデルを用いた重点レビュー計画法
阿萬 裕久
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 29 巻 3 号 p. 3_115-3_120

詳細
抄録

コードレビューは重要な品質保証活動であるが,現実には予算や納期の都合により網羅的な実施が難しい場合も多い.そこで本論文では,限られた予算内で“どのモジュールを重点的にレビューすれば最も高い費用対効果を期待できるか”という問題に着目し,各モジュールでのフォールト潜在の可能性,レビューコスト及び他のモジュールとの結合関係を総合的に考慮した0-1計画問題として定式化する手法を提案している.そして,六種類のオープンソースソフトウェアに対するシミュレーション実験を行い,提案法の有効性について論じている.

著者関連情報
© 2012 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top