コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
分散GPGPUフレームワーク『ParaRuby』の開発と評価
吉見 真聡中村 涼三木 光範廣安 知之
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 29 巻 4 号 p. 4_244-4_250

詳細
抄録

近年,画像処理用のハードウェアとして用いられてきたGPUが汎用計算へと利用されるようになり,GPUを用いた多くのソフトウェアの開発や研究が盛んに行われるようになってきている.しかし,対象となるアルゴリズムをGPUを用いた並列計算で実現するには,メモリ構造などGPU特有の専門知識が必要となる.また,最近では高性能なGPUを提供するホスティングサービスが増えていることから,ネットワーク上の複数のノードのGPUを利用するための枠組みが強く求められている.そこで我々は,GPGPUによる並列プログラミングを容易に実現するため,Rubyを用いたフレームワーク『ParaRuby』を開発した.ParaRubyにより,Rubyプログラム中からGPU向けのプログラムを呼び出し,リモートノード上にて処理を行うことが可能になる.このフレームワークを利用して2つのアプリケーションの実装を行い,フレームワークの性能を評価した.

著者関連情報
© 2012 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top