コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
情報集約範囲の拡大は文化の多様性をもたらすのか
小川 祐樹山本 仁志
著者情報
ジャーナル フリー

31 巻 (2014) 3 号 p. 3_178-3_186

詳細
PDFをダウンロード (1975K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では,人は身近な近接他者や集団の多数派から影響をうけるという関連研究をふまえ,Axelrodのシミュレーションモデルを拡張し,集団の集約情報と相互作用するモデルを導入した.そして提案モデルをもとにシミュレーションを行うことで,集約情報が社会における意見や嗜好の分布多様性に与える影響を検討した.シミュレーションの結果,集約情報は文化種類の多様性の維持において有効であるが,集約情報の範囲によってその効果に違いがみられることがわかった.具体的には,局所的・中域的・大域的の異なる範囲における集約情報の効果を分析し,中域的範囲の集約情報が,文化の多様性を維持するうえで有用であることがわかった.

著者関連情報
© 2014 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top