コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
GALSシステムの設計最適化を目的とした性能評価ツール
近藤 真史横川 智教佐藤 洋一郎有本 和民
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 32 巻 4 号 p. 4_115-4_130

詳細
抄録

本論文では,GALSシステムのSTPNモデルの作成および接続行列の生成を行い,ペトリネットシミュレーションに基づいて性能評価指数を算出するためのツールを実装する.本ツールでは,性能評価に係るコスト削減のため,モジュール化に基づくSTPNの階層化とオーダリングによる行列演算の高速化を行っている.まず,GALSシステムの部分的な振る舞いをSTPNでモデル化した上でモジュールとして定義し,それらを結合することで階層化を実現するとともに再利用性の向上を図る.さらに,モジュールを接続するアークの集合も同様にアーク群として定義し,その入力に係る作業を軽減する.接続行列の生成においては,ブロック化と帯行列化に基づくオーダリングを行うことで演算対象を限定する.具体的には,モジュール化された構成要素単位で部分行列への分割を行うことでブロック化を行い,各部分行列を帯行列化することで演算対象を限定する.また,ペトリネットシミュレーションでは演算対象をさらに限定できることに着目し,対象となる演算要素を動的に保持する参照テーブルを設けることで,行列演算の更なる高速化を図る.本ツールを用いて性能評価実験を行った結果,評価指数の算出に要する時間を99.8%程度削減できることを確認した.

著者関連情報
© 2015 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top