ウイルス
Online ISSN : 1884-3433
Print ISSN : 0042-6857
特集:最近話題のウイルス
狂犬病ウイルスの病原性に関する研究の進展
伊藤 直人杉山 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 57 巻 2 号 p. 191-198

詳細
抄録

 狂犬病ウイルスは,人および動物に致死的な神経症状を主徴とする狂犬病を引き起こす.ワクチンによって効果的に予防できるにもかかわらず,本病の世界的な流行状況は好転していない.安価で安全な弱毒生ワクチンの開発ならびに治療法の確立が本病の制圧の鍵である.この目標を達成するためには,狂犬病ウイルスの病原性発現機序を解明することが重要となる.本稿では,狂犬病ウイルスの病原性に関する現在までの研究について紹介し,これをどのように狂犬病の制御に応用するのかについて考察する.

著者関連情報
© 2007 日本ウイルス学会
前の記事 次の記事
feedback
Top