ウイルス
Online ISSN : 1884-3433
Print ISSN : 0042-6857
特集2:国内で話題のワクチン
ヒトロタウイルスワクチン
谷口 孝喜
著者情報
ジャーナル フリー

62 巻 (2012) 1 号 p. 87-96

詳細
PDFをダウンロード (759K) 発行機関連絡先
抄録

 2006年に2種のヒトロタウイルスワクチン(RotarixとRotaTeq)のすぐれた有効性と安全性を示す臨床試験成績が報告されて以来,ロタウイルスワクチンに対する関心は大いに高まった.これらのワクチンは100ヵ国以上で認可され,約30ヵ国で定期接種されている.防御能は期待以上であり,重症ロタウイルス下痢症乳児の大幅な減少につながった.わが国においても,昨年11月にRotarixの投与が開始され,RotaTeqについても間もなく開始される.これら2種のヒトロタウイルスワクチンの組成,特徴,実際の効果について記載し,腸重積,感染防御の機構,ワクチン株の排泄の意味など,問題点を含めた今後の展望についてまとめた.

著者関連情報
© 2012 日本ウイルス学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

VIRUS

feedback
Top