日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
慢性左腸骨静脈閉塞および同側腸骨-大腿動静脈瘻に対するPalma bypass の1 治験例
大澤 晋正木 久男柚木 靖弘藤井 泰宏増田 善逸佐野 俊二
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 15-00063

この記事には本公開記事があります。
詳細
抄録

要旨:症例は58 歳女性.42 歳時に脳出血後左片麻痺となり,50 歳時に深部静脈血栓に伴う肺塞栓症にて左総腸骨静脈内に下大静脈フィルターが留置されていた.その後,フィルター部の左総腸骨静脈完全閉塞となり,続いて左下肢腫脹を伴う症候性動静脈瘻(arteriovenous fistula: AVF)が出現した.近医にて左鼠径部AVF 結紮術を試みたが,有効ではなかった.当院にて両大腿静脈間圧較差30 mmHg 以上を確認の上,両大腿静脈間自家静脈バイパス(Palma bypass)を施行した.術後は,左下肢の腫脹軽減および静脈圧低下を認めた.本邦では,Palma bypass の報告例が少ないが,片側性腸骨静脈閉塞に動静脈瘻を合併した症例に対し,有用な手術方法と考えられた.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
feedback
Top