住宅総合研究財団研究論文集
Online ISSN : 2423-9887
Print ISSN : 1880-2702
50年後のマー・ヴィスタ・ハウジング
グレゴリー・エインの郊外建売住宅・団地の変遷
曾根 陽子中村 好文木下 庸子田中 玄亀井 靖子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2006 年 32 巻 p. 201-212

詳細
抄録

 建売住宅団地マー・ヴィスタ・ハウジングは60年近く経過した現在も分譲時のファサードを残し良好な住環境を保っている。建築家グレコリー・エインのオリジナルプランは増築と街並みの変化を最小限に抑えた。さらにマー・ヴィスタは一般の住宅団地にはない密接なコミュニティをもつ。本研究は,マー・ヴィスタの分譲以降の変遷について明らかにすることを目的とし,1)エインの計画意図と現状の概要,2)増改築におけるプランの適応性,3)発達したコミュニティの3点に絞って述べている。

著者関連情報
© 2006 一般財団法人 住総研
前の記事 次の記事
feedback
Top