Journal of Veterinary Medical Science
Online ISSN : 1347-7439
Print ISSN : 0916-7250
ISSN-L : 0916-7250
不活化ニューカッスル病ウイルス抗原を含むオイルアジュバントISA-70に対する豚及びネコの局所反応の病理学的観察(短報)
山中 盛正岡部 達二児玉 和夫後藤 紀久
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 56 巻 1 号 p. 185-187

詳細
抄録

ニューカッスル病ウイルス抗原を含むオイルアジュバントISA-70乳剤を筋肉内注射した豚及び猫の注射部位の病理学的変化を比較検討した. 肉眼的に, 豚では白黄色微小結節を伴った鶏卵大の変色病巣が注射後2週目から8週目まで観察され, 猫では注射部位皮下組織の肥厚が観察された. 組織学的にも猫に比べ豚では局所反応の程度は強く, 長びく傾向にあり, 大型のシストの形成とそれを取り囲む類上皮細胞の著明な増殖が特徴的であった.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top