木材学会誌
Online ISSN : 1880-7577
Print ISSN : 0021-4795
ISSN-L : 0021-4795
一般論文
窒化クロムコーティング工具の切削性能と摩耗特性
オーク木口面回転切削における刃先摩耗と切削面性状
土屋 敦藤原 裕子奥村 正悟
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 54 巻 5 号 p. 263-271

詳細
抄録

逃げ面側のみCrN(窒化クロム)で被覆した超硬合金工具の切削性能と摩耗特性を明らかにするため,膜厚さが5.5(UP1)と11.5μm(UP2)のコーティング工具を回転径134 mmの植刃カッタに装着し,主軸回転数6000 rpmでホワイトオーク材の木口面を切削材長20 mまで切削したときの切れ刃の摩耗形状と摩耗量,切削仕上げ面粗さなどを測定し,コーティングなしの高速度工具鋼(HSS)および超硬合金(UH)工具の結果と比較した。HSSとUHでは切削材長とともに刃先の丸みが増し,切削材長20 mでは切削仕上げ面がかなり悪化した。一方,UP1 とUP2 ではコーティング層が局所的に強く摩耗し,逃げ面摩耗帯幅が切削初期に急増したが,切れ刃は鋭利な状態を保持し,切削仕上げ面は常に良好であった。切削材長20 mにおけるUP1 とUP2 の刃先の丸み半径は1.5μm前後であったが,これはHSSの 1/10以下,UHの 1/3 程度であった。

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本木材学会
前の記事 次の記事
feedback
Top