溶接学会全国大会講演概要
平成17年度秋季全国大会
セッションID: 217
会議情報

レーザ・アークハイブリッド法による亜鉛めっき鋼板の高速溶接プロセス
*松坂 壮太上園 敏郎津村 卓也田中 学
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では,レーザとMAGアークによるハイブリッド溶接法を用い,亜鉛めっき鋼板の重ね隅肉溶接を行った.その結果,アーク単独溶接の場合に比べて,(1)アークプラズマの安定化によるビード形成の安定化(2)溶け込み深さの増大(3)安定した品質を得られる限界溶接速度の増加,等の効果が認められた.

著者関連情報
© 2005 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top