溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

耐熱Ni基合金の固相拡散接合継手におけるインサート材と熱処理効果
*細谷 渚坂元 理絵大岩 直貴久布白 圭司
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 108-109

詳細
抄録

耐熱合金の固相拡散接合方法において,インサート材の利用が有効であることが知られている. \n本研究では,耐熱Ni基合金の固相拡散接合において,インサート材としてNi箔を使用することにより,接合界面における析出物生成を抑制し,常温引張試験で母材破断となる継手が得られた.\nまた,接合後に熱処理を施すことにより継手高温特性が改善する機構を接合部組織から考察した.\n

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top