溶接学会全国大会講演概要
平成30年度秋季全国大会
会議情報

Ti-6Al-4V合金/SUS316L鋼の異材摩擦圧接
*劉 恢弘青木 洋青木 祥宏藤井 英俊
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

p. 84-85

詳細
抄録

製品の軽量化とコストの削減を実現するために、チタン合金と鉄鋼材料の良好な接合継手が求められる。しかしながら、大きい融点差や厚い脆い金属間化合物の形成などで、チタン合金と鉄鋼材料の溶融溶接が困難である。摩擦圧接は,回転摩擦熱と印加圧力により接合を達成する固相接合法である。本研究では、Ti-6AL-4VとSUS316Lの異材摩擦圧接を行い、接合条件を最適化することで、良好な継手を得ることを目的とした。

著者関連情報
© 2018 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top