土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
論文
粒子流LESによる振動流下シートフロー漂砂の摩擦係数の検討
原田 英治鶴田 修己後藤 仁志
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_493-I_498

詳細
抄録

 波動場における底面せん断応力は周期変化を示すが,漂砂量則は底面の最大せん断応力の関数として構成されている.最大せん断応力は摩擦係数を用いて見積もられるが,一般的に用いられるJonssonの摩擦係数は,非定常性の強弱は考慮されているものの位相に依存しない一定値が用いられる.
 本研究では,数値漂砂力学的に漂砂量を検討する観点から,振動流下シートフロー漂砂を対象に粒子流のLESを実施する.底面せん断応力の位相変化に対応した摩擦係数の推移から,シートフロー層の下層に存在するimmobile bed表層の摩擦係数には,境界層外縁流速に対する位相の進みが示され,また固定床表層と比較してimmobile bed表層の摩擦係数は,粒子混入による流速の低下により増加する傾向が示された.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top