高知県作業療法
Online ISSN : 2436-1461
Print ISSN : 2436-1399
母指CM関節症のスプリント療法におけるMP関節固定の臨床的意義
大石 大上羽 宏明井津 直哉
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 1 巻 p. 43-47

詳細
抄録

母指 CM 関節症のスプリント療法において,MP 関節固定の是非は意見が分かれるところである. 本研究では,本症のスプリント療法における MP 関節固定の意義を明らかにすることを目的とした.母指 CM 関節症 24 手に対し,スプリントなし・MP 関節固定スプリント装着・MP 関節非固定スプリント装着 の 3 条件でピンチ力・運動時痛・巧緻性テスト・X 線透視下不安定性評価を行った.ピンチ力と運動時痛 は双方のスプリント装着によって有意に改善した(p<0.01)が,巧緻性テストには有意差を認めなかった. X 線透視下不安定性評価は MP 関節固定スプリント装着時のみ有意に改善した(p<0.05).MP 関節固定 スプリントは CM 関節の不安定性改善に優れていることが示された.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 高知県作業療法士会
前の記事 次の記事
feedback
Top