コンピュータ&エデュケーション
Online ISSN : 2188-6962
Print ISSN : 2186-2168
ISSN-L : 2186-2168
事例研究
小学校のプログラミング教育における学習状況の共有化ツール活用の効果
三井 一希八代 一浩水越 一貴佐藤 和紀萩原 丈博竹内 慎一堀田 龍也
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 45 巻 p. 79-84

詳細
抄録

 本研究では,小学校のプログラミング教育において,学習状況の共有化ツールを活用して児童のプログラミングの状況をクラス内で共有した場合の効果について検討した。その結果,学習状況の共有化ツールを活用すると,プログラミングに使用するブロックの数や種類が増える,他グループの工夫に気付きやすくなるなど効果的に学習できる傾向が見られた。また,児童は見やすさなどの理由から,共有化ツールを活用する授業を好意的に評価していることがわかった。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人CIEC
前の記事 次の記事
feedback
Top