関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
病害の部
ジャガイモマイクロチューバーを用いた土壌からのトマトフザリウム株腐病菌(Fusarium solani f. sp. eumartii)の検出
中山 喜一和氣 貴光山城 都
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 2016 巻 63 号 p. 48-51

詳細
抄録

ジャガイモマイクロチューバーを用いたトマトフザリウム株腐病菌の土壌からの検出について検討した。供試したジャガイモ4品種の中で「男爵薯」および「メークイン」が本菌に対する感受性が高かった。そこで,「男爵薯」のマイクロチューバーを供試し,土壌の汚染程度と発病の関係,本菌汚染土壌への植え付け日数と発病状況,トマト各種土壌病原菌のジャガイモに対する病原性を検討したところ,萌芽した植物体の茎基部と根の境界付近に形成される淡褐色~褐色の腐敗症状を重要な目印として,本菌を土壌から検出できる可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2016 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top