関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
病害の部
タバコカスミカメに対するトマトの育苗期または定植時処理薬剤の影響
土井 誠土田 祐大石川 隆輔片井 祐介多々良 明夫
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 2016 巻 63 号 p. 56-59

詳細
抄録

タバコカスミカメNesidiocoris tenuis (Reuter) の成虫に対するトマトの育苗期または定植時処理殺虫剤の影響をポット試験により冬期と夏期の2回検討した。ネオニコチノイド系粒剤のジノテフラン,クロチアニジン,ニテンピラム,アセタミプリドでは補正死亡率50%以下に低下する期間は,冬期で28~50日以上,夏期で35日程度であった。一方,ホスチアゼートは冬期,夏期両方の試験において補正死亡率は低く,処理直後からタバコカスミカメを放飼可能と考えられた。また,スピロテトラマトとクロラントラニリプロールについては,夏期試験のみの結果であるが補正死亡率は最大でも50%以下であり,処理直後から本天敵を放飼可能と考えられた。

著者関連情報
© 2016 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top