関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
病害の部
ウリ類退緑黄化ウイルスの潜在的保毒源としてのカラスウリの評価
影山 智津子土井 誠松野 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 2017 巻 64 号 p. 27-29

詳細
抄録

メロン退緑黄化病はCucurbit chlorotic yellows virus(CCYV)が引き起こすウイルス病で,タバココナジラミが媒介する。静岡県では2013年12月に温室栽培のメロンで初発生したが,根絶を目指した対策により発生はみられなくなった。しかし,翌年秋に再び地域を拡大して発生したため,メロンでの発生がない時期の感染植物を探索した。2014年度秋作~冬作で本病が初発生した2地域で,2015年8月にメロン温室周辺で生育している植物を調査したところ,多年生雑草のカラスウリからCCYVが検出された。CCYV が感染したカラスウリを接種源として,タバココナジラミを用いた媒介試験でメロンへの感染を成立させたことから,退緑黄化病の感染源となることが明らかとなった。

著者関連情報
© 2017 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top