関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
Phomopsis 属菌に起因するニホンナシ心腐れ症の腐敗程度に及ぼす保存温度の影響
江口 直樹原 廣美
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 2005 巻 52 号 p. 51-52

詳細
抄録

ニホンナシ心腐れ症の内部腐敗は15℃以上で進展し, 保存温度が高くなるほど腐敗程度は高まった。一方, 12.5℃以下で保存した場合には内部腐敗の進展は極めてわずかであった。心腐れ症の被害を軽減するためには収穫後速やかに12.5℃以下に冷蔵する方法が有効であると考えられる。

著者関連情報
© 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top