哺乳類科学
Online ISSN : 1881-526X
Print ISSN : 0385-437X
総説
日本人の研究者による哺乳類の学名と模式標本のリスト
金子 之史前田 喜四雄
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 42 巻 1 号 p. 1-21

詳細
抄録

日本人の研究者による哺乳類の学名の記載とその学名を付与した模式標本の保管状況を把握することは,哺乳類学の基礎である分類学を確立するためには欠くことができない.しかし,日本の哺乳類研究者がいままでに記載発表した哺乳類の新種·新亜種などの学名と模式標本のリストは今泉(1962)を除いてなく,それも未完である.日本におけるこのような状況を改善するために,2000年までの日本人哺乳類研究者が記載した学名と出典文献のリストを作成した.このリストには “nom.nud.” などの無資格名も含んだ.結果として,適格名206のうち,模式標本が現在も保管されている学名は64(31.1%),模式標本が消失した学名は57(27.7%),および模式標本の所在が未調査(“N.V.”)の学名は85(41.3%)となった.以上の結果から,我々は動物学標本と文献を永久に保管できる国立の自然史博物館の設立を強く希望する.

著者関連情報
© 2002 日本哺乳類学会
次の記事
feedback
Top