哺乳類科学
Online ISSN : 1881-526X
Print ISSN : 0385-437X
短報
沖永良部島におけるオリイオオコウモリPteropus dasymallus inopinatusの初記録と生息確認
船越 公威大沢 夕志大沢 啓子
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 52 巻 2 号 p. 179-184

詳細
抄録

これまで沖永良部島においてはオオコウモリの分布記載がなく,また生息についても断片的な情報しか得られておらず,生息の有無を確定することができなかった.しかし,住民への聞き取りおよび記録写真等で2003年3月にオリイオオコウモリPteropus dasymallus inopinatusの生息が判明した.また,2011年6月に本種の成獣雄個体が捕獲された.同年10月と12月,2012年1月に本種が目撃された.加えて,2012年2月における精査で,少なくとも4頭の生息を確認し,この時期の食物としてギョボクCrataeva religiosa,オオバイヌビワFicus septica,モモタマナTerminalia catappaおよびアコウFicus superbaの果実が利用されていた.以上の観察結果等から,オリイオオコウモリは沖永良部島において個体数は極めて少ないものの,1年を通じて他の島への季節的な移動もなく定住しうると考えられた.

著者関連情報
© 2012 日本哺乳類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top